電波時計とは
電波時計とは正確な「日本標準時」をのせた標準電波を受信して、正確な時刻を表示する時計です。標準電波は「情報通信研究機構」が運用しており、標準時は「セシウムビーム形原始周波数標器」などにより制御された時刻情報は福島県大鷹鳥谷山(40KHz)と佐賀県羽金山(60KHz)の2ヶ所の電波塔から送信されており、ほぼ日本全国をカバーしております。
この標準電波は、ほぼ24時間継続して送信されていますが、保守作業などで一時送信を中断することがあります。
電波の受信範囲について
条件の良い時は送信所から約1000km離れた場所まで受信する事が出来ますが、気候条件、置き場所、時間帯、地形、建物などの条件によっては受信が出来ない場合もあります。





次のような場所では受信できない場合があります。
・高圧線、テレビ塔、電車の架橋近く
・ビルの地下
・電化製品やOA機器の近く
(磁力の影響で、時計の進みや遅れが生じたり、止まることがあります。)
・金属製の雨戸やブラインドの近く
・朝夕の時間帯、雨天のとき
・工事現場、空港の近くや交通量の多いところなど電波障害の起きるところ
※受信範囲内であっても、置き場所、時計の向き、地形や建物の影響などの環境条件で受信できない場合があります。





1.電池を入れる
電池を入れると、時針、分針、秒針の3つの針が「4時」・「8時」・「12時」のうち、一番近い時間(またはその次に近い時間)に向けて動き始めます。次に、3つの針が「4時」・「8時」・「12時」のいずれかに停止して電波受信待機状態になります。
※受信待機中、針が止まったままになりますが故障ではありません。
※分針の静止位置が多少前後にぶれる場合がありますが故障ではありません。
2.電波受信の結果が出るまで、3〜10分間そのまま待つ
通常約3〜10分間で電波受信し、針が早送りで動き出し、正確な時刻を指します。
※受信中は、ボタン類を操作しないでください。





(10分経過しても電波受信しなかった場合も、その後2時間ごとに自動的に電波受信を行います。その際に、電波を受信すると正確な時刻に針が動き出し止まります。)

朝までそのままにしておく
夜間は、電波状態が良くなりますので、そのままにしておくと受信できることがあります。
電波を強制受信する
強制受信ボタンを約10秒間押し続けます。電池を入れた時と同じ状態になり、時計の針が「4時」・「8時」・「12時」のいずれかの位置で停止して電波受信を開始します。
場所をかえる
電波受信しやすい窓際などに時計を動かし、一度乾電池を抜いて再度乾電池をセットしてください。




Q. 受信できてもテレビやビデオ、電話の時報サービスと一致しない。
A. まれに誤受信や時計の修正タイミングにより、一致しないことがあります。
対策:1秒くらいの進み、遅れの場合は、そのままでも後に自動修正されますが、すぐに修正したときは強制受信ボタンを押してください。
Q. 今まで受信できていたのに、急に受信できなくなった。
A. 標準電波を送信している設備の定期点検や落雷などの影響で停波(送信停止)することがあります。
Q. 時計が正しい時刻で動いていない。
A. ムーブメントの作動音がしているか確認してください。
対策1 : 電波が正常に受信できていない為ですので、上記の電波時計ご使用上の注意をご覧下さい。
対策2 : 強制受信ボタンを押してください。
対策3 : 電池の残量が少なくなってくると、誤表示の原因になります。製品仕様の電池寿命近くまで使用している場合、新しい電池と交換してください。(電池交換目安:6〜9ヶ月)
Q. 上記の対策を試してもうまく受信しない。
A. 故障かな?と思ったり、うまく受信しない場合は、お気軽にお問い合わせください。
CONNECT(コネクト)
TEL 0877-86-1244
E-mail info@connect-d.com