Kai Kristiansen (カイクリスチャンセン) / No.42チェア / Raf Simons(ラフ・シモンズ)(vd2010-151-02)【北欧ヴィンテージ】

vd2010-151-02-02
vd2010-151-02-01
vd2010-151-02-02
vd2010-151-02-03
vd2010-151-02-04
vd2010-151-02-05
vd2010-151-02-06
vd2010-151-02-07
vd2010-151-02-08
vd2010-151-02-09
vd2010-151-02-10
vd2010-151-02-11
vd2010-151-02-12
vd2010-151-02-13
vd2010-151-02-14
vd2010-151-02-15
vd2010-151-02-16
vd2010-151-02-17
  • NEW
商品番号 vd2010-151-02
¥ 132,000 税込
1,200 ポイント

返品について

ヴィンテージチェアの名作NO.42。横から見ると、背もたれからひじ掛けの繋がりがアルファベットの「Z」にみえることから、通称「Zチェア」とも呼ばれています。
線の細い華奢なデザインのおかげで、お部屋に圧迫感を与えず、すっきりとした雰囲気。さらに、ハーフアームは、テーブル下に収まりやすいという優秀デザイン。
座り心地も抜群で、可動する背板と底付き感のないクッション座面は、腰や背中に負担がかからず長時間座っても疲れにくく快適です。
張地は「Kvadrat/Raf Simons(クヴァドラ/ラフ・シモンズ)」の「Sunniva3」を使用しました。 「Sunniva」は、リネンが入っていることにより少し柔らかい風合いが魅力。 少量のポリアミドの添加による光沢とフラットなツイードのようなパターンによりモダンな印象です。 ヴィンテージ家具の濃い色の木目とも相性がよく、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

No.42チェアの座り心地についてもっと詳しく>
【カイ・クリスチャンセンのヴィンテージチェアを座り比べしてみました】NO.42編>

原産国 デンマーク
素材 【本体】チーク
【張地】Kvadrat / Raf Simons(クヴァドラ / ラフ・シモンズ) / Sunniva3(スニバ)(242)
サイズ 【全体】W535×D500×H745×SH470
約(mm)
デザイナー 【本体】Kai Kristiansen
【張地】Fanny Aronsen
送料 送料無料
配送 佐川急便

リペア

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)は1924年デンマークで生まれ、1949年に王立芸術アカデミーに入学、コーア・クリントに師事し、指物技術工の資格を取得。1955年に26歳で、自身のスタジオを構えます。クリントの「古代は我々よりももっとモダンである」というデザイン哲学のもと、彼は伝統的な家具の形態と職人技からインスピレーションを受けつつも、人間工学を考慮したデザインを多く残しています。1968年に発表されたFMシステムウォールユニットは、壁にアイアンの支柱を固定し、シェルフ、キャビネットなど好みの家具を自由に取り付け可能な設計は、そのポリシーが垣間みえる作品です。また、1956年には“Z chair”とも呼ばれる「No.42」を制作し 、その画期的なデザインはデンマークミッドセンチュリー家具の代表作の一つです。


CHECK POINT(状態)

  • 生地の色味は7枚目が実物に近いです。(閲覧の環境により色の見え方が異なる場合があります。)
  • フレームやアームに傷があります。
  • その他写真をご参照ください。

ご購入前に確認ください。

ヴィンテージ商品についてのご注意
  • ヴィンテージ商品は、北欧の家庭で長年愛用されて来たものです。販売前に当店でクリーニング・リペアを行っておりますが、新品と同じ状態ではないことをご了承ください。また、目立つような傷や欠けなどは、出来る限り画像や商品説明にて表記しておりますが、経年劣化による細かいキズやかすれなどはヴィンテージ商品の持つ風合いとしてご理解頂ければと思います。
  • 撮影状況やご利用になるモニターの環境により、実際の商品の風合いとは若干異なって見える場合がございます。
  • ヴィンテージアイテムの為、画像等では表しきれない小キズやシミ、使用上の汚れ、特有のニオイなどがある場合がございます。
品質保証・修理について
  • 商品の不具合に関しましてはご購入日から1年間は無償で修理いたします。その際、保証用紙が必要となりますので、大切に保管しておいてください。
  • お客様による破損に関しては使用期間問わず、有料になる場合があります。また、破損の程度によっては修理できない場合もあります。
  • 修理に伴う往復送料はお客様のご負担となります。返送の際には運送保険が必要となります。まずはお問い合わせください。
クリーニング・リペアについて
  • ヴィンテージ家具は、自社でクリーニング&リペアを行っております。商品について気になることがございましたらお気軽にお問合せください。