LILY

デンマークデザインの巨匠、アルネ・ヤコブセンによりデンマーク国立銀行のためにデザインされた “LILY”。
最初のモデルである3108(アーム無し)は1968年に誕生し、1970年のデンマーク国際家具見本市で3208モデル(アーム付き)が初公開されました。
しかし、当時の技術では製造しても4脚に1脚しか製品として合格しないほど安定した製品化がままならず、数年しか製造されませんでした。
発表されてから50年、幾度も試行錯誤を重ね、ヤコブセンがデザインした最後のチェアであるリリーの50周年を記念して、デザインされた当時に製造していたナチュラルウッドモデルがウォルナットで復刻しました。

完璧な曲線を備え、快適な座り心地を提供するリリーは、薄くスライスしたベニヤをラミネート加工するという非常に複雑な成形合板技術の集大成であり、アルネ・ヤコブセンが本当に作りたかったチェアだといえます。

並び替え
7件中 1-7件表示
並び替え
7件中 1-7件表示