DROP(ドロップチェア)

1958年、「アルネ・ヤコブセン」によってデザインされたドロップチェア。
デンマークのSASロイヤルホテル建築のプロジェクトとして、エッグやスワンとともにデザインされ、ホテルで使用するために約200脚のみ製造され、その後一度も製造されることはありませんでした。
2014年、50年以上の深い眠りから目覚めようやく復刻を果たしたドロップチェア。オリジナルの布やレザーのフルパディングモデルに加え、ポップなカラーバリエーションのプラスチックモデルも新たに加わり、復刻されました。

360度なめらかな三角形(しずく型)のドロップチェアは、お部屋をすっきりと見せ、お部屋に1脚取り入れるだけで、ぽってりとした愛らしいフォルムに癒される、アイコン的存在です。

▼ 詳しくは商品ページをご覧ください ▼
並び替え
8件中 1-8件表示
並び替え
8件中 1-8件表示