CH23

ウェグナーのデザインの中で 最もウェグナーらしいチェアCH23

カールハンセン&サンのチェアch23
カールハンセン&サンのチェアch23
  • カールハンセン&サンのチェアch23
  • カールハンセン&サンのチェアch23

CH23は1950年にウェグナーが初めて、カール・ハンセン&サン社にデザインしていたチェアの1つ。
1見すごくシンプルに見えますが、よく見ると手間のかかる手仕事が随所に隠れているイスなんです。
そのつくりの細かさから生産が難しく、2017年まで北欧ヴィンテージの幻のイスとなっていました。 CH23はウェグナーのデザインの特徴のすべてが詰め込まれており、 ウェグナーのデザインの中でも最もウェグナーらしいチェアとも言われています。

ウェグナーらしさ1 構造をあえて見せる

カールハンセン&サンのチェアch23

十字のデザインに見えるのは、背板とフレームをつなぐ結合部分。普通なら隠したい部分。しかしウェグナーはわざと色の違う木を使用し、デザインのポイントにしてしまいます。

ウェグナーらしさ2 どこから見ても美しいカーブ

チェアch23の美しさ
チェアch23の美しさ
チェアch23の美しさ
  • チェアch23の美しさ
  • チェアch23の美しさ
  • チェアch23の美しさ

あらゆる角は丸くゆるやかに削り落とされ、手に触れたとき、木の柔らかさを感じることのできるウェグナーの家具たち。ウェグナーは球体のようにデザインを考えているため、360度どこから眺めても彫刻作品のように美しいのです。

ウェグナーらしさ3 機械仕事の薄く、しなやかな背板

チェアch23の背板の様子

サークルチェア(PP130)の細いフープを機械でつくっているように、機械の方が得意な作業も存在する、というのがウェグナーの考え方。CH23の背板は薄い板を重ねてカーブをつくる、成形合板によりつくられています。薄く、丈夫な美しい背板です。

ウェグナーらしさ4 美しく丈夫な、ペーパーコード編み

チェアch23の座面の様子
チェアch23の座面の様子
チェアch23の座面の様子
チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子

座るほどにお尻に馴染み、木フレームとの相性の良いペーパーコード座面はウェグナー作品の中でたびたび登場します。CH23のペーパーコードは2重構造で編まれています。 コードを135mも使い、職人さんが地道に手仕事で編んでいます。通常の編みと比べて、へたりにくく沈み込みの少ないのが特徴です。※ラウンジチェアのCH25でも登場する編み方。

ウェグナーらしさ5 脚貫なしで、脚が スッキリ

チェアch23の脚貫の様子
チェアch23の脚貫の様子
  • チェアch23の脚貫の様子
  • チェアch23の脚貫の様子

ザチェアでも見られるように、座面と脚貫を一体化させるデザインもウェグナーデザインの特徴です。脚貫とは:椅子の脚の間に取り付けて強度を確保する横木のこと。
CH23ではペーパーコードを巻くことで脚貫と座面を一体化させています。この側面の1本がないだけで、スッキリ美しい見た目です。

男女関係なく、座り心地がいいと感じるCH23

チェアch23に座った時の様子
チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23に座った時の様子

▲モデルは身長157p

ウェグナーのチェアには一通り座ったことのある私ですが、 CH23はウェグナーチェアの中で1番、「身体が自然に、楽な姿勢になる。」と感じました。 背中に当たって痛いフレーム部分が見当たらないのです。

さらに面白かったのが、座り心地にはうるさいCONNECT男女スタッフとも座り比べしてもらいましたが、誰からも「背中のここが痛い!」と文句がでなかったこと。 体格差もあまり関係がないようなのです。

座り心地の理由1 ジャストな身体の傾きにしてくれる、背もたれの反り

チェアch23の背板の写真

CH23はぐーっと反った背もたれが特徴。直立の姿勢ではなく、お腹の力を緩めてリラックスできる姿勢になれます。座面も少しだけ後ろに傾いて、体重をゆったり背中に預けれるんです。

座り心地の理由2 身体をしっかり支えてくれる、幅広い背もたれ

チェアch23に座った時の様子

背板はしっかりとした縦幅で安心感があり、背に当たる高さも丁度良いです。 さらに、肩までしっかり支えてくれる横幅で、上半身のすべての体重をあずけることができます。 緩やかなカーブが、背中から腕までの丸みに優しく沿い、少し斜めの姿勢もカバーしてくれるのも嬉しいところ。

座り心地の理由3 背中に添うフレーム

チェアch23に座った時の様子
チェアch23のフレーム部分
  • チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23のフレーム部分

フレームは身体の丸みに沿って3次元に削られているため、背中に当たることがありません。手間のかかる繊細な加工です。

座り心地の理由4 フラットに近い、背板の段差

チェアch23のフレームの切込み部分
チェアch23のフレームの切込み部分
  • チェアch23のフレームの切込み部分
  • チェアch23のフレームの切込み部分

フレームに少し切込みがつくられ、背板が半分埋まるようなつくりになっています。このひと手間だけで、背当たりが大きく変わってきます。

座り心地の理由5 広々としたペーパーコード座面

チェアch23のペーパーコード部分
チェアch23のペーパーコード部分
チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23のペーパーコード部分
  • チェアch23のペーパーコード部分
  • チェアch23に座った時の様子

脚がペーパーコード座面の高さに合わせて削られているため、広々と感じる座面になっています。 女性なら左右に両手が十分収まるほど。 さらに、身体の丸みに沿ってカーブした座面は太もも裏に優しく当たってくれます。 カーブの一番低い部分はSH43になっており、女性でもしっかり脚をつけることができます。

ダイニングにピッタリ、場所を取らないサイズ

テーブル下にピッタリ収まるチェアch23
カールハンセン&サンのチェアch23のあるダイニング風景
  • テーブル下にピッタリ収まるチェアch23
  • カールハンセン&サンのチェアch23のあるダイニング風景

出入りが多いので、動線(人が自然に動く時に通ると思われる経路)の確保が大切なダイニングスペース。
アームがないので、テーブルの下にピッタリ収めると、出幅はわずか12pほど。空間の少ない場所でも、スッキリ使うことができるんです。

保管サービス

並び替え
7件中 1-7件表示
並び替え
7件中 1-7件表示