CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア

CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH23 / ウォルナット材・オイル仕上げ / ダイニングチェア
  • NEW
予約商品
商品番号 chs-ch23-wo-np
¥ 166,100 税込
1,510 ポイント

こちらはお取り寄せ商品です

納期に[受注生産品]と表記されているカール・ハンセン&サンの商品について
受注生産品の詳しい納期は《 こちらのPDF 》をご確認ください。(リンク先の一覧表で文字が小さく表示される場合は拡大してご覧ください。)

海外からのお取り寄せ商品について
ウクライナ情勢等の影響により 表示の納期よりもお時間を頂戴する場合がございます。 >>詳細はこちら

返品について

【ウォルナット材・オイル仕上げ】

CH23は、機能と美しいディテールを兼ね備えたダイニングチェア。ウェグナーが初めてカール・ハンセン&サン社にデザインした椅子シリーズの一つですが、50年以上に渡り生産されていませんでした。1950年に発表されると同時に高い評価を獲得。シンプルな独特の形状表現とウェグナーの職人技巧への造詣が見事に融合した椅子として知られています。

ウェグナーのデザインの中でも最もウェグナーらしいと言える、アームレスダイニングチェアCH23。背に施された埋木の形状、美しくダブルで張られたペーパーコード、そしてこの椅子に安定性を与える弧を描く後ろ脚と、随所にウェグナーらしい独特の意匠が散りばめられています。一見すると何の変哲もないシンプルな椅子ですが、よくみるとディテールに凝っていることがわかります。例えば、クラフトマンシップが映える埋木が美しい、曲げ木技術を応用した背もたれ。
ウェグナーは成形合板の使用により、フレームとのコントラストを強調しています。

Material ウォルナット材・オイル仕上げ
座面:ナチュラルペーパーコード
Size W505×D505×H785(約mm)
SH445(約mm)
Brand CARL HANSEN & SON(カール・ハンセン&サン)/ デンマーク
Designer Hans J. Wegner(ハンス J. ウェグナー)
Item No. CH23
Remarks インテリア/チェア/ラウンジチェア
【Made in Denmark】

こちらの商品はメーカーからのお取り寄せ商品です

銀行振込・郵便振替でのお支払の場合は、ご入金確認後に正式発注手配となります。(※ご注文後のキャンセル・商品お届け後のご返品はご遠慮ください。通信販売の為、クーリング・オフ制度はご利用いただけません。)

納期(発送日)について
・メーカー国内在庫品がある場合、通常2~3週間程度となります。(※タイミングによっては海外からのお取り寄せとなり、お届けに4~5ヶ月程かかる場合がございます。)
・商品ページの納期表示と実際の納期が異なる場合はメールもしくはお電話にてご案内致します。予めご了承下さいませ。

ご購入前に確認ください。

・当店はCARL HANSEN & SON社のオフィシャル・パートナーショップです。万一、商品に不具合などあった場合のアフターサービスはもちろん、ペーパーコード張替えなどのリペアなども承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ウェグナーのデザインの中で 最もウェグナーらしいチェアCH23

カールハンセン&サンのチェアch23
カールハンセン&サンのチェアch23
  • カールハンセン&サンのチェアch23
  • カールハンセン&サンのチェアch23

CH23は1950年にHans J. Wegner(ハンス J. ウェグナー)が初めて、カール・ハンセン&サンにデザインしていたチェアの1つ。
一見すごくシンプルに見えますが、よく見ると手間をかけた丁寧な手仕事が随所に隠れているイスです。
そのつくりの細やかさから生産が難しく、2017年まで北欧ヴィンテージの幻のイスとなっていました。 CH23はウェグナーデザインの特徴すべてが詰め込まれており、 ウェグナーデザインの中でも最もウェグナーらしいチェアと言われています。

ウェグナーらしさ1  構造をあえて見せる

カールハンセン&サンのチェアch23

十字のデザインに見えるのは、背板とフレームをつなぐ結合部分。普通なら隠したい部分。しかしウェグナーはわざと色の違う木を使用し、デザインのポイントにしています。

ウェグナーらしさ2  どこから見ても美しいカーブ

チェアch23の美しさ
チェアch23の美しさ
チェアch23の美しさ
  • チェアch23の美しさ
  • チェアch23の美しさ
  • チェアch23の美しさ

あらゆる角は丸くゆるやかに削り落とされ、手に触れたとき、木の柔らかさを感じることができます。ウェグナーは球体のようにデザインを考えているため、360度どこから眺めても彫刻作品のように美しいのです。

ウェグナーらしさ3  機械仕事の薄く、しなやかな背板

チェアch23の背板の様子

手仕事より機械生産の方が、より良い品質を保てたり、コストを下げたりできる場合もある、というのがウェグナーの考え方。CH23の背板は薄い板を重ねてカーブをつくる、成形合板によりつくられています。薄く、丈夫な美しい背板です。

ウェグナーらしさ4  美しく丈夫な、ペーパーコード編み

チェアch23の座面の様子
チェアch23の座面の様子
チェアch23の座面の様子
チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子
  • チェアch23の座面の様子

座るほどにお尻に馴染み、木フレームとの相性の良いペーパーコード座面はウェグナー作品の中でたびたび登場します。CH23のペーパーコードは2重構造で編まれています。 コードを135mも使い、職人さんが地道に手仕事で編んでいます。通常の編みと比べて、へたりにくく沈み込みの少ないのが特徴です。※ラウンジチェアのCH25でも登場する編み方。

ウェグナーらしさ5  脚貫なしで、脚が スッキリ

チェアch23の脚貫の様子
チェアch23の脚貫の様子
  • チェアch23の脚貫の様子
  • チェアch23の脚貫の様子

ザチェアでも見られるように、座面と脚貫を一体化させるデザインもウェグナーデザインの特徴です。脚貫とは、椅子の脚の間に取り付けて強度を確保する横木のことです。
CH23ではペーパーコードを巻くことで脚貫と座面を一体化させています。この側面の1本がないだけで、スッキリ美しい見た目です。

体格に差があっても、座り心地がいいと感じるCH23

チェアch23に座った時の様子
チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23に座った時の様子

▲モデルは身長157cm

ウェグナーのチェアには一通り座ったことのある私ですが、 CH23はウェグナーチェアの中で1番、「身体が自然と楽な姿勢になる。」と感じました。 背中に当たって痛いフレーム部分が見当たらないのです。

さらに日々、様々な椅子を試しており、座り心地には、ちょっとうるさいCONNECTスタッフたちですら、誰からも「ここが痛い」と出なかったので、座り心地には、 体格差もあまり関係がないようなのです。

座り心地の良い理由1  リラックスできる背もたれの角度

チェアch23の背板の写真

CH23は、ぐーっと反った背もたれが特徴。直立の姿勢ではなく、お腹の力を緩めてリラックスできる姿勢になれます。座面にも、後ろに向かって傾斜がついており、ゆったりと背もたれに体重を預けられます。

座り心地の良い理由2  身体をしっかり支えてくれる、幅広い背もたれ

チェアch23に座った時の様子

背板はしっかりとした縦幅で安心感があり、身長157cmの私の場合、背に当たる高さも丁度良いです。 さらに、横幅も体を包み込むように大きく、上半身の体重をゆったりあずけることができます。

座り心地の良い理由3  背中に添うフレーム

チェアch23に座った時の様子
チェアch23のフレーム部分
  • チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23のフレーム部分

フレームは身体の丸みに沿って3次元に削られているため、背中に当たることがありません。手間のかかる繊細な加工です。

座り心地の良い理由4  フラットに近い、背板の段差

チェアch23のフレームの切込み部分
チェアch23のフレームの切込み部分
  • チェアch23のフレームの切込み部分
  • チェアch23のフレームの切込み部分

フレームに少し切込みがつくられ、背板が半分埋まるようなつくりになっています。このひと手間だけで、背当たりが大きく変わってきます。

座り心地の良い理由5  広々としたペーパーコード座面

チェアch23のペーパーコード部分
チェアch23のペーパーコード部分
チェアch23に座った時の様子
  • チェアch23のペーパーコード部分
  • チェアch23のペーパーコード部分
  • チェアch23に座った時の様子

脚がペーパーコード座面の高さに合わせて削られているため、広々と感じる座面になっています。 女性なら左右に両手が十分収まるほど。 さらに、身体の丸みに沿ってカーブした座面は太もも裏に優しく当たってくれます。 カーブの一番低い部分はSH43cmになっており、女性でもしっかり脚をつけることができます。

ダイニングにピッタリ、場所を取らないサイズ

テーブル下にピッタリ収まるチェアch23
カールハンセン&サンのチェアch23のあるダイニング風景
  • テーブル下にピッタリ収まるチェアch23
  • カールハンセン&サンのチェアch23のあるダイニング風景

使用頻度が高く、動線(人が自然に動く時に通ると思われる経路)の確保が大切なダイニングスペース。
アームがないので、テーブルの下にピッタリ収めることができ、出幅はわずか12cmほど。空間の少ない場所でも、スッキリ使うことができます。