【イベント開催】山口一郎と花のある暮らし ~花を暮らしへ少しずつ取り入れる5ステップ~

こんにちは、スタッフの本宮です。
桜の開花宣言が始まりましたね。やっぱり春といえば花。インテリアにお花をプラスすると、文字通り空間が華やかになります。花のある暮らしを始めるきっかけになってくれればという想いで、『山口一郎と花のある暮らし』というイベントを開催します!そして、花を気軽に少しずつ暮らしへ取り入れていくステップをお伝えしたいと思います。

 

イベント『山口一郎と花のある暮らし』

山口一郎 絵           

CONNECTの店内に、みなさんご存知の画家・山口一郎さんの花の絵をたくさん展示し、CONNECTおすすめフラワーベースに生けたお花をたくさん見ていただけます。インテリアショップならではの視点で飾られた、お花屋さんや美術館ではイメージできない北欧インテリアへの花と絵の合わせ方を体感して、花のある空間づくりの参考にしてもらえればうれしいです。

期間:3/18(水)~4/11(土)
場所:CONNECT実店舗

 

山口一郎さんに会える!

イベント期間中の2日間、CONNECTのお店に山口一郎さんが在廊してくれます。ちょっとお話できたりするかもです。CONNECTスタッフも大好きな一郎さんのお人柄を感じてもらえればうれしいです。

日時:4/3(金)10:00-18:00
※都合により変更となる場合がございます

 

花を暮らしに少しずつ取り入れる5ステップ

おうちの中にお花を飾りたいなと思いながら、どうやって取り入れていけばいいのかお悩みという方に、気軽に少しずつ取り入れていく方法をお伝えしたいと思います。

Step1 お花を気軽に買ってみる。お手頃な定期便サービスも

何はともあれ、まずはお花を買うとこから。でも、お花屋さんへ行く時間がない、どう花を組み合わせたらいいか分からない、そう思ってなかなか始められなかったりしますよね。

最近は、そんな方に嬉しいお手頃なお花の定期便サービスがあるみたいです。ワンコイン+送料で小さなブーケをポストに届けてくれるところも。プロの方が組み合わせたものから好きなものを選べるので安心です。いろんなところのサービスがあるみたいなので、興味のある方はぜひ検索してみてください!

私は近くの産直市場で、食材の買い出しついでによく手頃な花を買っています。田舎の良いところは花が安いこと!産直は近くにないという方も、スーパーのお花売り場に手頃な花束が売られているところもあるので、買い物ついでに手に取ってみてはいかがでしょう。

 

Step2 手持ちのグラスに生けてみる

花瓶を持ってないという方は、まずはお手持ちのグラスなどを使ってお花を楽しむことから始めてみませんか。お気に入りのジャムの瓶など何でもOK。小さなものでもちょっと花があるだけでテーブルの上がグッと華やかになって気分も上がります♪

生け方のコツは、口が広がっているグラスにお花を生けるときには、グラスの片側のふちにもたれ掛けさせるようにすると安定してくれます。

小さめのガラスボウルに生けるときも、花がボウルのふちに寄りかかるくらい短めに切るときれいなバランスに。

キャンドルホルダーを2つ使って、ちょっと上級者に。同じ種類の花を色だけ変えると、統一感も出てバランスが取りやすいです。

 

Step3 生けやすいフラワーベースを手に入れる

お花があることが楽しくなってくると、フラワーベースが欲しくなってきます。生けやすいフラワーベースは、お花を思った位置に生けられて、おしゃれに見せてくれて、さらにお花を飾ることが楽しくなってきます。生けやすいフラワーベースのポイントをご紹介します。

 

ポイント①:口が狭くなっている
口が広がっているフラワーベースは、お花が広がってまとまってくれずバランスが取りにくいので、口が狭くなっている形がおすすめです。


▲Fritz Hansen / Jaime Hayon ハイメ・アジョン / LOW VASE ローベース


▲Fritz Hansen / Cecilie Manz セシリエ・マンツ/ JAR VASE ジャーベース

 

ポイント②:お花の位置が決められる


▲Fritz Hansen / Jaime Hayon ハイメ・アジョン / VASE IKEBANA イケバナベース S

CONNECT人気No.1のフラワーベース『イケバナベース』。日本の生け花の剣山をモチーフに、上下に穴の開いた支柱でお花を支えるので、1本1本を好きな向き、高さに調節できるんです。なので、少ないお花でもきちんと思った通りの位置でキマってくれます。真鍮で華やかさもあるので、1種類だけのお花でもおしゃれに見せてくれます。

 

Step4 置き場所を決める

お花を生けたらどこに置くか決めておくと、いつもここは花のある空間にしようと目標ができモチベーションが上がってきます。

お客さんと家族を迎える「玄関」に

家族が毎日囲む「ダイニングテーブル」に

くつろぎ時間によく目に入る「リビングの棚」に

 

Step5 おうちでお花見パーティ!

今年はさびしいことに公園でのお花見も自粛モード…。そんなときはおうちでお花見を楽しみませんか?がんばって生けたお花をみんなに見てもらえると嬉しくなりますし、お花を囲んで食事をすればいつも以上に楽しい時間になるはず!

ワインと軽食を囲んで。グリーンでさわやかに

もっと気軽におやつでお花見パーティも♪お花があるとちょっと贅沢な空間になります。

 

まとめ

たくさんのお花が出回るこの季節。ちょっとうちでもお花を飾ってみようかなと思ってもらえていたら嬉しいです。次のブログでは、絵のある暮らし・絵とインテリアの合わせ方についてお話ししたいと思います。お楽しみに!

 

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら