「リネンのある暮らし」上質なリネンに包まれる《寝具・カーテン・お手入れ編》

先日のブログでご案内しましたように、CONNECTのお店にて、シンプルで心地良いリネンアイテムを作り出しているブランド「come true(カムトゥルー)」の商品を、期間限定で展示・販売いたします。
(前回のブログはこちら

心地よい暮らしには欠かせない、肌触りが良くてぐっすり眠れる“ベッドリネン”。インテリアの雰囲気を作るのにとても大切な役割をもつ“カーテン”。そしてリネンを長持ちさせる“お手入れ方法”のコツについて、今回は詳しくご紹介していきます。

 

 

「リネンのある暮らし」

リネン 寝具 気持ちいい

日本製の上質なリネンを使い、香川県高松市で心をこめて作られた、枕カバーやシーツ、カーテン、ワンピースやスカート、タオルやハンカチなどたくさんのアイテムを展示・販売いたします。期間中はフィッティングルームも登場しますので、ご試着しながら、上質なリネンを体感いただければと思います。

期間:2020年7月18日(土)~8月10日(月) 日曜定休・祝日は営業
営業時間:10:00-18:00(12:00-13:00はお昼休み)
場所:CONNECT実店舗

「come true」のHPはこちら

※ご来店は予約制です。お手数ですが下記予約フォームからご予約をお願いいたします。

 

 

 

肌で感じる心地よさ「ベッドリネン」

高級ホテルの寝具カバーにはリネンがよく使われていると言われますが、なかでも日本製の上質なリネンは、今までのリネンの印象が変わるほどの肌触りと心地よさです。

ブランドオーナーの飯間さんは有名なヨーロッパリネンを使ってみても満足できず、繊細な日本人の肌に合うものを探していたところ、滋賀県で作っている日本製のリネンに出会ったそうです。いろんなリネンを探し集めていた中で、飛びぬけて綺麗な印象を受け、肌触りも格別。

一番肌に直接触れる“枕カバー”から取り入れるのが、飯間さんのおすすめです。
吸湿・放湿性があり、夏はさらっとした寝心地。繊維のなかに空洞があり、空気を含むので、冬は体温で温まった空気であったかい。リネンは日本の四季にピッタリな寝具です。

飯間さんが作られている“ジャージーシルクケット”は、シルク綿の中布団を、やわらかな織り方をしたジャージ織リネンカバーで包んでいて、すべてがやわらかで、いつまでも包まっていたいほど。夏は肌掛け布団として、冬は掛け布団の上に重ねて、オールシーズン活躍します。

 

 

リネンの美しさが一番目に見える「カーテン」

リネン カーテン

部屋の中で大きな面積をもつカーテンは、インテリアの雰囲気を作るのにとても大切な存在です。ブランドオーナーの飯間さんはもともとインテリアコーディネーターをされていて、様々な窓周りを提案するなかで、白く清潔で、光の透け感の美しい“障子”のようなカーテンがあればと思い、リネンカーテンを作られたそうです。

呼吸する素材と言われるリネン。調湿効果があるので、雨の日でも部屋がカラッとして、特にじめじめする夏には嬉しいですよね。カーテンのように広い面積で使うほど、室内を快適にしてくれます。

それぞれの窓に合わせてサイズオーダーを承りますので、お気軽にご相談ください。

リネン カーテン

 

■リネンカーテンの良いところ

・障子のような透け感で、視線は遮りながら、外の光がやわらかく入ってくる。
・繊維の太さが一定ではないので、光に透けるとムラが美しい。リネンの美しさが一番よく見える。
・調湿効果があるので、雨の日でもカラッと気持ちがいい。
・静電気が起きないので、開閉時にホコリが寄らない。
・おうちの洗濯機で気軽に洗える。
・洗うたびに白はより明るく、布地は柔らかに。ずっと長く使えて、経年変化も楽しめる。

 

■リネンカーテンの悪いところ

・天然繊維のため、温度・湿度によって伸び縮みする。
・遮光性は低いため、強い日差しの部屋にはあまり向かない。
・正直、少しお高め。

 

 

リネンのお手入れ方法

飯間さんに、リネンのお手入れ方法について伺いました。天然繊維のリネンは少しのコツで、実は簡単なお手入れだけで長く気持ちよく使えるのだとか。その少しのコツを教えてもらいました。

 

■リネン繊維の特徴

リネンは植物の繊維を糸にして織ったものであり、植物の細胞壁が強く、汚れが中に入り込みにくいという特徴があります。そのため、汚れは落ちやすい反面、染色の色も落ちやすいため、白いリネンと色物は分けたお手入れをおすすめしています。「come true」の商品は水通し済みなので、洗濯で縮むことはありません。柔軟剤はおすすめしていません。

 

■白いリネンの洗い方

・洗濯機で丸洗いOKです。
・汚れたら煮洗いがおすすめです。リネンは畳むとかなりコンパクトになるので、シーツなども大きめの鍋に入れて煮洗いすれば、皮脂汚れなどが取れて気持ちよい白に。
・漂白剤の使用も可能です。

 

■色物リネンの洗い方

・洗濯機の摩擦や洗剤で色が落ちやすいため、手洗いがおすすめです。
・洗面器などで水に10~20分ほど浸すと、汗など水溶性の汚れは落ちます。
・油汚れはシミになるので、汚れた部分のみ石鹸でつまみ洗いします。食器用洗剤でも落ちます。

 

■洗った後は

・軽く脱水をして形を整えて干すと、まっすぐ乾いてノーアイロンでも気持ちよくご使用いただけます。
・乾燥機は、生地を傷めてしまうためおすすめしません。リネンはとても乾きやすいため、室内干しでも乾きます。

 

 

まとめ

使えば使うほど、やわらかく肌になじむリネン。上質なリネンを育てることは、北欧のヴィンテージ家具と似ているように思います。インテリアファブリックはデザインで選ばれている方も多いかもしれませんが、肌触りがよく、使うほどに心地よい素材は、大切に長く使う楽しみを教えてくれます。ぜひCONNECTのお店で心地よさを体感してもらえると嬉しいです。

「come true」のアイテムについて詳しくはこちら

 

【お問合せ先】

CONNECT 実店舗
住所:香川県丸亀市綾歌町428-1
TEL:0877-85-9717
Email:shop@connect-d.com
10:00-18:00(12:00-13:00はお昼休み・日曜定休/祝日は営業)

※ご来店は予約制です。


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら