新米の季節、美味しいお米をイイホシユミコ×CONNECT dandan (だんだん) で頂きませんか。

こんにちは。夏が終わり、お米の美味しい時期になりましたね。

 

CONNECTのある香川県は、9月になるとコシヒカリの収穫があり、10月になると香川県のブランド米「おいでまい」の収穫があります。CONNECTの周りのたんぼでも、週末になるとあちこちで稲刈りの風景が見られます。​新米はもっちりしていて本当に美味しい!そんな美味しい写真を、スタッフがスタイリングしてくれました。​ 使用しているお茶碗はCONNECTオリジナル、イイホシユミコさんの「dandan」です。

 

 

こだわりぬいて作られたお茶碗

洋食器にも合うお茶碗を、とシャチョウとイイホシさんがこだわり抜いて作られたdandan。シャチョウ宅では、イッタラやアラビアの食器と合うようなお茶碗を、と色々試して使っていたそうです。ですが、やはりお茶碗はお茶碗の形である必要がある!と気づき、それがdandanの製作に繋がりました。

見込み(うつわの内側の部分)は外側に向かって広がり、土台部分に高台があるものでないと、手に持って使うお茶碗としては使いづらい。けど、北欧の食器にも和食器にも合うものがほしい。「これでいい」ではなく「これがいい」とお客様が思えるものを提供する。そのために妥協せず、長年試行錯誤を重ねて作られたのがこのdandanなのです。

 

 

洋食器にも和食器にも

dandanはミルクのような美しい白磁に、淵の部分は砥部焼の伝統の色「藍色」が絵付けされた優しい印象のお茶碗です。磁の部分は艶消しの釉薬を使っているので、ツヤツヤしすぎない、あくまでも柔らかな質感になっています。そのため食卓に並べた時に他の食器とも馴染みやすくなっています。

 

 

 

秋といえば栗ご飯!優しい白色の磁器に栗の黄色がよく映えます。見ているだけでお腹がすいてきそう!

 

 

お茶漬けや、卵かけご飯。日本人に生まれてよかったなと思う瞬間ですね!

 

 

贈り物にも

dandanはサイズ違いで大中小のサイズがあります。

 

 

また、贈り物に最適なdandanとお箸もあります。セット内容はdandanのお茶碗(中)と、graf三角箸(赤・黒)のペアセットとなっていますので、結婚のお祝いや、新築のお祝いなどにオススメです。

新米の美味しい時期、自分用に、また大切な人にdandanをプレゼントしませんか?

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

CONNECT

こんにちは。香川県丸亀市ののどかな場所に実店舗を構える、ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら