このテーブルにはこのペンダント!CONNECT的ダイニングセットのすすめ

もうこれでダイニングのインテリアに悩まない!
​​今回は、ダイニング用にペンダントの購入を検討しているけど、テーブルとの組み合わせがわからない!おすすめが知りたい!という方のために、CONNECTで人気のダイニングテーブルと、それに合うペンダントをご紹介します。
 
みなさんは、ダイニングセットを選ぶとき、まず何から選びますか?
椅子?テーブル?照明?
実は、椅子は最後でも大丈夫なんです。
肝心なのは、「テーブルと照明」を一緒に検討すること。
ペンダントランプは、シーリングライトと違い、それひとつでお部屋全体を明るくすることはできません。
テーブル幅にあった正しいサイズの照明選びが重要となります。
 
テーブル面の端まできれいに照らすルールとして、ペンダントライトのメインシェードの直径がテーブルサイズの1/3程度を目安にすると良いと言われています。
例えば、Φ500mmの照明器具なら、テーブル幅は1500mmが目安となります。
※ガラスシェードの場合は、金属シェードに比べて光が透過して広がるため、約1.5~2倍程度広がると考えていただければと思います。
 
詳しくはこちらの記事をご覧ください
▲必見!ダイニングテーブルに合ったペンダントライトの選び方
今回ご紹介する組み合わせは、実際にインテリアプランをご相談いただいたお客様にもご提案させていただいている、「CONNECTの鉄板組み合わせ」ですので、ぜひ参考にしてみてください。

【カール・ハンセン&サン】のダイニングテーブルにあうペンダント

ご紹介する組み合わせ
■CH337 × PH 3 1/2-3 グラスペンダント、VL リングクラウン 3
■CH006 × PH 3/2
■CH002 × PH 3 1/2-3 グラスペンダント
■BA103 × PH 3 1/2-3 グラスペンダント、VL45ラジオハウスペンダント

​CH337× PH 3 1/2-3 グラスペンダントの組み合わせ

「CH337」は、幅1400mmです。PH 3 1/2-3 グラスペンダント(Φ330mm)を1灯でテーブル幅をカバーする光を届けます。テーブルの大きさに対してペンダントの大きさのバランスも良く、どちらもクラシックな雰囲気で相性がいいです。
お部屋のコーナーにテーブルランプや、フロアランプを配置すると、より明るくなり、空間を広く見せる効果もあります。
▲テーブル:CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン) / CH337 / ダイニングテーブル / マホガニー材・オイル仕上げ
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 3 1/2-3 グラス Pendant シルヴァー・クローム
▲テーブル:CARL HANSEN & SON (カールハンセン&サン) CH337 / ダイニングテーブル オーク材・ホワイトオイルフィニッシュ
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 3 1/2-3 グラス Pendant 真鍮・メタライズド
▲テーブル:CARL HANSEN & SON (カールハンセン&サン) CH337 / ダイニングテーブル オーク材・ホワイトオイルフィニッシュ
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 3 1/2-3 グラス Pendant シルヴァー・クローム

CH337× VL リングクラウン 3 の組み合わせ

“ 光の魔術師 ” の異名を持つデンマーク建築の巨匠、「ヴィルヘルム・ラウリッツェン」がデザインした、VL リングクラウン3。程よいボリューム感とエレガントな佇まいで、上質な空間を演出してくれます。
CH337:幅1400mm
VL リングクラウン3:​Φ550mm
 
▲テーブル:CARL HANSEN & SON (カールハンセン&サン) CH337 / ダイニングテーブル オーク材・ホワイトオイルフィニッシュ
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン) / VL Ring Crown 3(リングクラウン)ペンダントライト / 3灯【要電気工事】

CH006 × PH 3/2 の組み合わせ

「CH006」のテーブル幅は、900x1380mm。幅490mmの伸長板を両サイド広げると、最大2360mmになります。このくらい幅のある大きなテーブルにはペンダントを2灯吊りするのがおすすめです。PH 3/2(Φ290mm)は器具自体にそこまでボリュームがないので、2灯吊りにしてもくどくならず、すっきりとした印象になります。
 
▲テーブル:CARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン) CH006 / ダイニングテーブル オーク材・オイルフィニッシュ
​▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)  PH 3/2 Pendant シルヴァー・クローム

CH002 × PH 3 1/2-3 グラスペンダント の組み合わせ

「CH002」はハンスJ.ウェグナーが1982年にデザインした、コンパクトでエレガントなダイニングテーブル。
テーブル幅は900x900mm。幅490mmの伸長板を両サイド広げると、最大1880mmになります。普段は伸長版を両方使わない、という場合はPH 3 1/2-3 グラスペンダント(Φ330mm)の1灯吊りがおすすめです。常に両方広げて使う予定の場合は、PH 3/2(Φ290mm)の2灯吊りが良いでしょう。
▲テーブル:CARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン) CH002 / ダイニングテーブル オーク材・オイルフィニッシュ
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 3 1/2-3 グラス Pendant シルヴァー・クローム

BA103 × PH 3 1/2-3 グラスペンダントの組み合わせ

2021年に発売した、カール・ハンセン&サンのラウンドテーブル「BA103」
無垢材の脚とラミネートの天板のコンビネーションがモダンな印象のテーブルです。テーブル幅は、1100mmで、PH 3 1/2-3 グラスペンダント(Φ330mm)を1灯吊りでテーブル面を十分カバーできます。
 
▲テーブル:CARL HANSEN & SON(カールハンセン&サン) / BA103 ホワイトラミネート天板 / オーク材・オイル仕上げ / テーブル
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 3 1/2-3 グラス Pendant 真鍮・メタライズド

BA103 × VL45ラジオハウスペンダントΦ370 の組み合わせ

直径370mmでBA103(Φ1100mm)に対し少し大きめに。コンパクトなテーブルにあえて大きなペンダントを吊るすとお部屋のアクセントになり、空間が華やかになります。丸いテーブルに丸いペンダントの組み合わせはやさしい雰囲気になります。
 
▲テーブル:CARL HANSEN & SON(カールハンセン&サン) / BA103 ホワイトラミネート天板 / オーク材・オイル仕上げ / テーブル
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン) / VL45 Radiohus pendant(ラジオハウス ペンダント) 370

【フリッツ・ハンセン】のダイニングテーブルにあうペンダント

ご紹介する組み合わせ
■ANALOG × カラヴァッジオ、サスペンス

ANALOG × カラヴァッジオの組み合わせ

フリッツ・ハンセンの中でも特に人気のある「ANALOG (アナログ)」は、正方形ではなく、円形、楕円形でもない、古典的な形状からベストな部分だけをとった、テーブルの新しい形です。
テーブル幅は、定番の1850mmのほかに日本限定サイズとして、1300mmもあります。
同じく、フリッツ・ハンセンの「カラヴァッジオ」(φ258mm)2多灯吊り。下方に絞った光が広がり、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
▲テーブル:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) ANALOG(アナログ) JH63 ホワイト/オーク
▲照明:Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / Caravaggio Matt ( カラヴァッジオ マット ) P2:φ258mm
なんといっても特徴的なのが、スチールシェードの上部に空いた穴からの光の広がり。天井部分もやさしく照らしてくれます。
 
▲テーブル:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) / ESSAY(エッセイテーブル) / CM22 / オーク材・オイル仕上げ​
ガラスシェードの場合は、光が全発光するので一回り小さいサイズ(Φ165mm)でも構いません。より、明るい方が好みでしたらP2サイズ(φ258mm)がおすすめです。やさしい光が広がり、あたたかみのある雰囲気になります。
▲テーブル:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) ANALOG(アナログ) JH63 オーク/オーク
▲照明:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) / Caravaggio Opal(カラヴァッジオ・オパール) / P1:φ165mm

ANALOG × サスペンスの組み合わせ

ミニマルなのにインパクトがあり、可愛らしくもありスタイリッシュでもある。その絶妙なバランス感で見る者の心を捉えて離さない不思議なフォルムの「Suspence(サスペンス)」
器具の下部には、山型のディフューザーが付いています。それによって光をより柔らかくし、リラックスできる上品な空間を演出してくれます。
▲テーブル:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) ANALOG(アナログ) JH63 オーク/オーク(幅1850mm)
▲照明:Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / Suspence Copper (サスペンス カッパ―)  P2:φ385mm【要取付工事】
CONNECTでは、遊び心を加えた3灯吊りもおすすめしています!実際にこの3灯吊りをご採用いただいたお客様もいらっしゃいます。こちらは【P1】φ240×H225(約mm)2灯と【P2】φ385×H360(約mm)1灯を合わせた3灯セットです。
3灯吊りのきれいに見えるバランスは商品ページでご確認いただけます。
▲テーブル:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) ANALOG(アナログ) JH63 ホワイト/オーク
▲照明:Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン) / Suspence(サスペンス) / P1:φ240mm P2:φ385mm / 3灯セット / ペンダントライト

【HAY】のダイニングテーブルにあうペンダント

ご紹介する組み合わせ
■CPH20 × PH 5、VL45ラジオハウスペンダント​

CPH20 × PH 5の組み合わせ

「CPH20」は、2013年に完成したコペンハーゲン大学の改装プロジェクトの為に、ロナン&エルワン・ブルレック兄弟がデザインしました。シンメトリーが美しいレッグデザインのダイニングテーブルです。サイズはΦ900mmとΦ1200mmの2種類。
PH 5を1台でΦ1200mmのテーブル幅を端まで照らせます。Φ900mmの場合は、PH 5miniを1台でも大丈夫ですが、もう少し明るさが欲しい場合や、ペンダントをインテリアのアクセントにしたい場合は、PH 5でも構いません。
PH 5:Φ500mm/E26 LED電球(白熱電球100W相当)
PH 5mini:Φ300mm/E17 LED電球(白熱電球60W相当)
​​
▲テーブル:HAY(ヘイ) / Copenhague(コペンハーグ) Round Table(ラウンドテーブル) CPH20 / オーク材・クリアラッカー仕上げ / Φ120
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン)/PH 5/モノクローム・ホワイト
▲テーブル:HAY(ヘイ) / Copenhague(コペンハーグ) / Round Table(ラウンドテーブル) CPH20 / グレー / Φ90
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン) PH 5 Mini (ミニ)/ クラシック・ホワイト
 

CPH20 × VL45ラジオハウスペンダントの組み合わせ

Φ900mmのテーブルには、VL45ラジオハウスペンダントのΦ250mmを、Φ1200mmのテーブルには、VL45ラジオハウスペンダントのΦ370mmがバランスよくまとまります。
▲テーブル:HAY(ヘイ) / Copenhague(コペンハーグ) Round Table(ラウンドテーブル) CPH20 / オーク材・クリアラッカー仕上げ / Φ120
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン) / VL45 Radiohus pendant(ラジオハウス ペンダント) 370
​​
▲テーブル:HAY(ヘイ) / Copenhague(コペンハーグ) / Round Table(ラウンドテーブル) CPH20 / グレー / Φ90
▲照明:Louis Poulsen(ルイスポールセン) / VL45 Radiohus pendant(ラジオハウス ペンダント) 250
 
いかかでしたか?
組み合わせに迷ったときはぜひこの、CONNECT的鉄板組み合わせを参考にしてみてください。
すでにお持ちのテーブルに合わせるペンダントライトのご相談などもお受けできますので、お気軽にお問合せください。
 
■CONNECT [WEB SHOP]
MAIL:info@connect-d.com
TEL:0877-86-1244
営業時間:月~金 10:00~17:00
休日:土日祝
※WEB SHOP掲載の商品に関しましては、各商品ページの「商品についてのお問い合わせ」より、お問い合わせいただくとスムーズにご案内できます。

 

この記事を書いた人

CONNECT

こんにちは。ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら