ペレットストーブと薪ストーブってどう違うんですか?

薪ストーブ以外にもお部屋で楽しむアイテムがあるので、何が自分に合ってるのか1つのヒントになればと思います。
 
 
ペレットストーブと薪ストーブってどう違うんですか?

​「薪ストーブ」とは、その名の通り、薪を燃やして暖をとる、煙突が付いた暖房器具です。

「ペレットストーブ」は、燃料に木質ペレットを用いる暖房器具です。電力を必要とする機器・電力不要の機器の2タイプがあります。

​​

燃料の違い

​薪ストーブの燃料は、乾燥している木材になります。

一方ペレットストーブは、木材を細かく砕いて圧縮した1センチから2センチ直径5ミリから10ミリ位の円筒形のものを燃やすものになります。
実際はどちらがいいんですか?
暖かさで言うと薪ストーブの方が火力のパワーがあるので、大きなスペースには適しています。設置に関して薪ストーブの場合は、最低4.5メートル以上煙突が必要になります。
「薪ストーブの煙突施工例」
一方、ペレットストーブに関して薪ストーブみたいに高く煙突を接続する必はない場合が多いです。設置はペレットストーブの方がしやすいです。設置するコストについて1番は煙突の長さが薪ストーブとペレットストーブではペレットストーブの方が短くて良いため設置コストが全体として安く抑えられます。

「ペレットストーブの煙突施工例」
 
ガラス面から見える炎のゆらめきについてはペレットストーブよりも薪ストーブの方がゆらめきがより炎を楽しめます。
「ペレットストーブ」

「薪ストーブ」

どちらがいいと言うよりかは、お客様が暖かさや炎の揺らめきを求めるのであれば、薪ストーブをおススメします。金額面やお手入れもシンプルなのが言う方にはペレットストーブをおススメします。
​​
よく聞くバイオエタノールっていうのはどうなんでしょう?

一般的に煙突がなくても炎を近くで楽しめる機種が多いのがバイオエタノールです。そのため煙突の設置ができないマンションや薪ストーブ・ペレットストーブどちらも設置はできないけれど、炎を楽しみたいという方にはお勧めです。しかしエタノールの燃料費が比較的金額がすると言う事と燃料の種類によっては、燃料が利かしたものに変化する場合もありますので、使う燃料に気をつける必要があります。薪ストーブは扉が閉まっていますが、エタノールストーブの場合には露出している場合がありますのでより気をつける必要があります。

 

まとめるとどういうことですか?
マンションに住んでいる方で、煙突は設置できないけれども炎を楽しみたいという方にはバイオエタノールがオススメ。設置コストを安く抑えて火のある暮らしを楽しみたい方、薪を保管するスペースがない方にはペレットストーブをおススメ。
​​炎楽しみたい方、暖かさや災害時も薪ストーブを検討している方には薪ストーブがお勧めです。

この記事を書いた人

hiromi miyatake

生まれも育ちもCONNECTがある地元っ子宮武です。 夏になると川が奇麗なスポットに行き子供達と川遊びをしています。 薪ストーブの魅力・火の暮らしをお届けできたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら