薪ストーブを設置するのにいくらくらいかかりますか?

 
憧れの薪ストーブライフに夢が広がると同時に、現実的な面も気になるところですよね。ここでは一番気になる価格や費用の内訳をざっくりまとめます。決して安いとは言い切れませんが、きっと人生にとって十分な価値のあるパートナーになるはずです。

薪ストーブを設置するとなると実際いくらぐらいかかりますか?
​トータルの費用を大きく分けると①薪ストーブ本体②煙突部材③工事費用があります。

①薪ストーブ本体

CONNCTで取り扱っている薪ストーブの価格帯としては、36万円~120万円くらいまであります。ウェブサイトやカタログにある価格から変わる事はありません。
HWAM3630  ¥682,000
 
 

​IRONDOG No.7  ¥616,000
 
②煙突部材
薪ストーブを設置する時には、必ず煙突の設置が必要となります。ミヤタケ自身も感じたことなんですが、意外と煙突の費用がかかるんです。設置する場所によって必要な煙突の長さ・種類も変わってくるため煙突費用も変わってきます。本体価格にもよりますが、薪ストーブの本体よりも煙突部材の方が高くなる事も出てくるのです。
煙突の役割として、薪ストーブ本体が車のボディー部分だとすると、煙突は車のエンジン、心臓部くらい大切な役割をする部材になります。薪ストーブ本体がどれだけ熱効率や使い勝手がよく作られていたとしても、煙突の種類や長さ設置方法によって薪ストーブ本体の性能が生かし切れない場合もあります。それだけ煙突の役割は大切なのです。
ドイツのバイエルン州に本拠を構える Jeremias グループ。Jeremiasの煙突は、日本市場に向けて「上から下へ」煙突を取り付けていく必要性を考慮して特別に設計されています。

 

大切な役割である煙突も、薪ストーブの上に出すのと壁を貫通するのでも価格が異なるので、今までの事例を紹介します。
【上出しプラン】¥422,100
屋根を貫通して、煙突が上に出るプランになります。
 
 
【壁出しプラン】¥769,500

室内に少し立ち上げてから壁を貫通して、屋根上まで煙突を出すプランです。
 

煙突の出し方で、必要になるパーツが違ってくるのが上記の図目を見れば分かりますよね。
 
③工事費用
取付工事費・諸経費として、20万~30万の目安になります。現場現場で異なるため、実際に見積もりをしてみないと分りません。
 
まとめ
薪ストーブを入れようと思った時に、早い段階でご相談いただけると、使い勝手や暖かさそして煙突の設置が1番適切な位置にくるようプランに努めていますので、まずは早めにご相談ください。

この記事を書いた人

hiromi miyatake

生まれも育ちもCONNECTがある地元っ子宮武です。 夏になると川が奇麗なスポットに行き子供達と川遊びをしています。 薪ストーブの魅力・火の暮らしをお届けできたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら