【ABOUT OUR VALUE】#3 小売店なのに、実はインテリアの製作もしています。

CONNECT(コネクト)は、香川県のまんなかあたり、丸亀市綾歌町という田んぼばかりののどかな場所にあり、主にインテリアを多数取扱って いるお店です。

前回までの記事で、マニアックなブランドから王道ブランドまで取扱い、ヴィンテージ家具をデンマークから買い付けて自社でリペアし、販売までおこなっていることを記事にしてきました。

​取扱いブランドの数の多さについては『【ABOUT OUR VALUE】#1 CONNECTは北欧インテリアの宝庫!国内ブランドの希少なアイテムも豊富!』ヴィンテージ家具については『【ABOUT OUR VALUE】#2 これから育てる新品家具、育った証のヴィンテージ家具。CONNECTは永く使える家具を提案しています。』それぞれの記事の中でお伝えしていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

​さて今回は、CONNECTが目指す「シンプルで心地よい暮らし」に必要なアイテムがこの世に存在しない場合、実はあきらめずに作り出しているということをお話します。そのあきらめずに作り出した製品は、CONNECTオリジナル、CONNECT別注として販売しています。

 

 

CONNECTでしか買えない!オリジナル・別注商品

CONNECTでは、オリジナルでいくつか商品を作ったり、ブランドに対して当社のための特別発注を依頼したりしています。理由としては、既製品ではニーズを満たすのに不十分なもの、そもそも製品として存在しなかったもの、不自由さをなくすものを作るためです。

大きく分けると以下の3つです。
・ブランドのファブリックを使用して作ったアイテム
・デザイナーとコラボして作ったアイテム
・サイズ・カラーを別注して作ったアイテムや完全オリジナルアイテム

 

ブランドのファブリックを使用して作ったアイテム

Kvadrat(クヴァドラ)/スリッパ・クッション等

Kvadrat 生地を使用したスリッパ

 

主にヴィンテージ家具の張地に使用しているKvadratのファブリック。Kvadratはヨーロッパの大手家具ブランドの張地に多く起用され、クオリティーの高いウールを主に使用しているファブリックメーカーです。CONNECTでもヴィンテージ家具の張地には、本国・デンマークでのクオリティーを維持するためにもKvadratの生地を使用しているのですが、どうしても残布が出てしまいます。その残布をただ捨てるのはもったいないし、サスティナブルな活動にも力をいれているCONNECTとしても余すことなく生地を使えないか、そして日本では珍しいウールの生地をもっと身近に感じてもらえないかと考えた結果、スリッパの製作にたどり着きました。
余った生地で作ることもあれば、生地をそのまま加工することもあり、生地の端から端までなるべく残布を出さない製法できれいに裁断し縫製してもらっています。今後もバリエーションを増やしていく予定です。
​他にも残布でクッションや小物も作っています。

 

Johanna Gullighsen (ヨハンナ グリクセン)

ソーイングワゴンのバスケット部分にJohanna Gullighsenのファブリックを使用

 

アパレルのイメージが強いヨハンナ・グリクセンのファブリックですが、デザイナーであるヨハンナ氏自身はArtek(アルテック)の創始者の一人である祖母の影響もあり、将来的にインテリアに軸足を置きたいと考えています。そのため、CONNECTのヴィンテージ家具の張地に生地を使用することに賛同していただき、さらにその他の商品を取扱うことも実現しました。

 

 

​デザイナーとコラボして作ったアイテム

kaico + marja (カイコプラスマルヤ)

kaico + marjaシリーズ

「Lemnos(レムノス)」「家事問屋」「ambai(アンバイ)」など多くのブランドのプロダクトデザインを手掛ける小泉誠氏の「琺瑯(ほうろう)プロジェクト」kaicoシリーズとARABIA(アラビア)のRUNO(ルーノ)シリーズのデザインを手掛けるヘイニ・リータフフタ氏の書き下ろしデザイン「marja」。
北欧でのホーロー鍋はかわいらしいデザインが主でしたが、モダンなものがなかったので作っていただきました。

 

yumiko iihoshi porcelain(ユミコ イイホシ ポーリセン)/dandan(ダンダン)

お茶碗 dandan

dandanシリーズ

 

イイホシユミコ氏と共同で5年かけて作ったお茶碗「dandan」です。
洋食器があふれている現代では、理想のお茶碗探しは難しいものです。
特に、夫婦茶碗はよく見かけるものの、子供ともおそろいにできるものはなかなか見当たりません。そこで、親子茶碗をテーマにしました。
親として「ものを大切に使う」ということを子供にきちんと伝えていきたいですよね。
dandanの小サイズのお茶碗は、子供の「ものを大切にする心」も育ててくれます。
そして、子供茶碗としての役割を果たした後は、小食な方のお茶碗として、小鉢や取り皿として、またはデザート皿としても用途を変えられます。
dandanの小サイズのお茶碗は「子供用のお茶碗」に用途を限定することはなく、大人でも使えるお茶碗なのです。
例えば子供が成長して子供茶碗を卒業した後で、キャラクターの柄が入ったお茶碗ならそのまま親は使いませんよね?
一方で、シンプルで飽きのこないデザインが、dandanのお茶碗の魅力です。

 

山口一郎

SKYBLUE(スカイブルー)/山口一郎/Ichiro Yamaguchi×CONNECT/ランチセット

 

山口一郎氏の絵は一点ものばかり。山口一郎氏の絵を初めて販売したのはCONNECTです。その他にも、シルクスクリーン印刷を使用した一点ものではない絵を数量限定で販売したり、山口一郎氏の絵を用いたランチボックスや水筒などの商品を作ったりしています。

 

 

サイズ・カラーを別注して作ったアイテムや完全オリジナルアイテム

Louis Poulsen(ルイスポールセン) / PH 5 ダークグレー / ライトグレー

Louis Poulsen(ルイスポールセン) / PH 5 ダークグレー / ライトグレー ※完売済

 

言わずと知れた北欧の名作照明「PH 5」。
CONNECTがインテリアを始めて一番初めに取り扱いをした照明器具はPH 5でした。PH 5の生みの親、ポール・ヘニングセンは「あかり」についてこう語っています。 “ 家具、生活様式、カーペット、どれも重要ではありません。あかりの配置に比べたら、ささいなことです。 ”ポール・ヘニングセンの言葉の通り、照明はインテリアの中でも重要な存在だとCONNECTは考えています。
数あるLouis Poulsenの照明器具の中でも一番のロングセラーであり、ベストセラーのPH 5。この度CONNECTはそのPH 5で、ダークグレーを別注しました。惜しくも廃番色になってしまったPH 5コンテンポラリーのダークグレーをベースに、食卓に座った時に目線の先になるリフレクターのカラーをライトグレーにしました。照明器具そのものには敢えてポイントをもたせず、空間とマッチさせることを第一に考え、どんな色を持ってきても合わせやすい、ジーンズのようなペンダントライトです。
数量限定100台。再生産未定です。

 

Lemnos/Campagne(カンパーニュ)

カンパーニュ 掛け時計 電波時計

▲Lemnos/Campagne オーク・オイル仕上げ 掛け時計 電波時計

▲Lemnos/Campagne CONNECT別注比較

 

掛け時計のCampagneは、より空間になじむものを選べるように別注カラーを取扱っています。
カラーはオークナチュラル、オークブラウン、ホワイトアッシュ、グレーがあります。

 

Lemnos/cucup(ククップ)

▲Lemnos/cucup 鳩時計 ナチュラルタイプ

cucupは大きく壁掛けのイメージがある鳩時計を置くこともできるコンパクトなサイズにしました。最初のムーブメントが廃盤になり、2017年に復刻しました。

 

The workshop lamp(ワークショップランプ)

The workshop lampLサイズ

 

国内では黒と白のみ取扱っていますが、本国で販売されているグレーを別注しました。
​CONNECTでは、シンプルで永く 使えるものを、ずっと使い続けて欲しいと思っています。流行に左右されず、どの色にも馴染んで合わせやすく、永く使えるカラーは何かと考えた時、一番『グレー』をおすすめしたいという結論に至りました。
​ペンダントタイプの照明は、ダイニングテーブルに使用されることが圧倒的に多いです。ダイニングテーブルにはやはり“Lサイズ”が、明るさも大きさも丁度いいサイズです。

 

alpaka(アルパカ)

alpakaブークレ ポケット付きショール

 

冬に大活躍のalpakaのブークレ ベビーアルパカのポケット付きショールです。チクチクしない柔らかなアルパカは、赤ちゃんも安心して使えるほど、優しい肌触りです。特に稀少で柔らかい、毛玉ができにくいベビーアルパカをたっぷり使っています。

 

 

完全オリジナルアイテム

▲ダイニングテーブル(2013年にリリース)

 

ダイニングテーブルの種類があまりなかった時代に、社長の高木がデザインしたテーブルは、シンプルで明るく軽やかなものになるように意識してデザインしたものです。天板は無垢材をオイルで仕上げており、それを支える脚をアイアンでスッキリと見せつつ強度がしっかりある仕上がりとなっています。もちろんダイニングチェアとも合わせやすいデザインです。
​CONNECTは、よいと思えるものを販売しているので、さまざまなブランドのダイニングテーブルが充実してきた現在ではあえて表に出していないですが、今でもお客様に要望をいただけたら受注販売しています。

その他、テレビボードやカトラリーケースなども作っています。

 

 

まとめ

多くのインテリアを取扱っているCONNECTのことについて、商品の取扱いの紹介だけで3記事分にもなりました。王道からマニアックまでありますが、インテリアは奥深く、突き詰めると自分たちで作るところまで辿り着きました。まとめてみるとなかなか壮観です。
既製品ではニーズを満たすのに不十分なもの、それは色やサイズであったり、日本ならではの文化的なアイテムであったり、どこか少し惜しかったり、必要とするものが存在しないこともあります。ないことを嘆いてもしかたがない、ならば自分たちで作るしかないということでいろいろと試行錯誤で作ってきました。
これらはほぼCONNECTでしか買えません。一部販売店が取扱っていることもありますが、その販売元はCONNECTです。こういったアイテムは今後も増えていくと思います。
この記事を読んで、「CONNECTってインテリアを作ることまで本気でビジネスしているんだ」、「そんなお店が販売しているインテリアってどんなものなの?」と興味を持っていただければ幸いです。

 

 

index 【ABOUT OUR VALUE】

#1 CONNECTは北欧インテリアの宝庫!国内ブランドの希少なアイテムも豊富! 

#2 これから育てる新品家具、育った証のヴィンテージ家具。CONNECTは永く使える家具を提案しています。

#3 小売店なのに、実はインテリアの製作もしています。←今ここ

 


この記事を書いた人

CONNECT

こんにちは。香川県丸亀市ののどかな場所に実店舗を構える、ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら