【2022年最新版】ルイスポールセン「PH 5シリーズ」徹底比較!

北欧の名作照明「PH 5」。誰もが1度は雑誌やテレビで見かけたことがあるのではないでしょうか?1958年の発表以来、世界中で愛され続けているペンダントライトです。そんなPH 5も発売後60年以上が経ち、さまざまなカラーバリエーションが生まれました。

▲2022年9月現在では17種類のPH 5がございます。

今回の記事では、各カラーの比較と、全種に共通する使用時のルールをご紹介します。PH 5の購入をご検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

CONNECT別注カラーと、17種類に増えたルイスポールセン「PH 5シリーズ」を徹底比較します!

 

 

 

ついに完成!CONNECT別注 PH 5『ダークグレー/ライトグレー』

Louis Poulsen(ルイスポールセン) / PH 5 ダークグレー / ライトグレー

2020年夏、CONNECTは別注カラーのPH 5『ダークグレー/ライトグレー』を数量限定で発売しました。

別注色を作るなら、流行に左右されず、どんな空間にも馴染みの良い色にしよう。そのような考えからグレーを選びました。適度に存在感のある濃いグレーにしたことで、明かりをつけるとPH 5の暖かい光がお部屋にくっきり浮かび上がります。北欧らしい木のインテリアとも相性が良く、どんな色の家具にも合わせやすいジーンズのようなペンダントライト。別注カラーは、いつまでもお客様のお気に入りであってほしいという願いを込めています。

2021年9月より再販開始しました!
CONNECTでしか買えない特別なPH 5。ぜひこの機会にご検討くださいませ。
 
Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 5 ダークグレー / ライトグレー

 

 

 

新色登場!2022/AW発表のカラー4種

 

PH 5 Pastels(パステル)シリーズ

オイスター・ブルー・ローズ​

 

ブルー・ローズ・ピーチ

 

PH 5 モノクロームシリーズに新色2色が登場

ph5-Monochrome-OysterGrey

モノクローム・オイスター

 

モノクローム・ペールローズ

安らぎを与えるパステルカラーは、北欧スタイルをはじめとするシンプルなシルエットの家具やインテリアとの相性がいい色合わせです。また、大胆な色や柄を取り入れたインテリアスタイルにも適しています。

 

 

 

■定番カラー

PH 5はどんなインテリアにも組み合わせられるよう、カラーバリエーションが豊富なのが嬉しいところ。近年新しく追加されたカラーも合わせやすいものが揃っています。自分のお家にはどのカラーがピッタリか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. クラシック・ホワイト : 一番人気!「光色コントロール」を意図した逸品カラー

1958年の発売当時からあるカラー。「光の色までコントロールする」というヘニングセンのこだわりが光る逸品です。シェード内部が赤に、リフレクターが青に塗装されている理由は、当時の白熱電球の光の色を人の目に心地よく映るよう、コントロールするためでした。この赤と青の2色を電球の光色に作用させ、まぶしさを抑えた柔らかな光を作り出すという仕組みです。

※1958年当時の白熱球の光色コントロールを意図していますが、現在の電球色LEDの光を反射させても美しい色合いです。


▲ポール・へニングセンが描いたPH 5の設計図

シェード:ホワイト
リフレクター:青
フレーム:藤色塗装
シェード内部:赤

Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 5 クラシック・ホワイト

 

 

 

2. モダン・ホワイト : インテリアと自然に馴染ませたいならコレ

真っ白なシェードからくすんだローズカラーがちらりと顔を覗かせるモダン・ホワイト。木の色と馴染みのよいブロンズ色のフレームで、空間に自然に馴染んでくれます。白い壁や木の家具といったナチュラルなインテリアと好相性です。

シェード:ホワイト
リフレクター:ローズ
フレーム:ブロンズ色塗装
シェード内部:ホワイト

Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 5 モダン・ホワイト

 

 

 

3. グラデーション : ラグやカーテンに合わせてカラーコーディネイトを楽しみたいならコレ

 

お部屋のテーマカラーに合わせて統一感をつくることができる6種のカラーバーション。2018年4月にPH 5の誕生60年を記念し発売されたカラーです。下方のシェードになるにつれてだんだん淡い色になっているため、重い印象になりにくいのが特徴です。

シェード/リフレクター:ブルー/レッド、グリーン/レッド、オレンジ/ブルー、レッド/グリーン、ローズ/グリーン、グレー/ローズ
フレーム:ブロンズ色塗装
シェード内部:ホワイト

Louis Poulsen(ルイスポールセン) PH 5 グラデーション

 

 

 

■経年変化を楽しみたいならこれ!「カッパー(銅)」「真鍮」

4. カッパー(銅) : ヴィンテージインテリアとも相性抜群

ピカピカとした艶が抑えられ、だんだんとマットで品のある赤褐色に変化する銅のシェード。この経年変化がPH 5「カッパー(銅)」、「真鍮」の特徴です。深い色味のヴィンテージ家具や、同じように経年変化していく無垢の家具と好相性。徐々に貫禄が増していく様を楽しめます。


▲経年変化して赤褐色になった銅のシェード(モデル:過去限定品)

シェード:ホワイト×銅
リフレクター:銅
フレーム:ホワイト色塗装
シェード内部:ホワイト

Louis Poulsen(ルイスポールセン) PH 5 カッパー

 

 

5. 真鍮 : 時間をかけてアンティークゴールドの輝きに

ポール・ヘニングセン生誕125周年を記念した、無塗装、鏡面仕上げの真鍮シェードと白色塗装シェードを組み合わせたヴァージョンです。無塗装ですので、ピカピカの金色から色味に深みが増していき、美しい経年変化が楽しめます。変化の様子はお部屋の環境・使用年数により異なりますので、世界に1台の自分だけのPH 5の色味になるところが素敵ですよね。

▲5年以上経過した無塗装真鍮のシェード(モデル:Doo-Wop 真鍮

シェード:ホワイト×真鍮
リフレクター:真鍮
フレーム:ホワイト色塗装
シェード内部:ホワイト

Louis Poulsen(ルイスポールセン) PH 5 真鍮

 

 

 

6. モノクローム : 2020年に登場した人気者

全てのパーツが同じ色で塗装されたモノクロームシリーズ。特にモノクローム・ホワイトは、これまでにありそうでなかった全パーツが真っ白な仕様です。淡い色味のインテリアの場合、クラシック・ホワイト、モダン・ホワイトよりも空間に溶け込みやすく、お部屋の中でPH 5をそれほど主張させたくないという方におすすめです。

※ブラック、ブルーのシェードの内側はホワイトです。
※モノクロームシリーズはほかのカラーに比べてマットな質感です。

シェード:ホワイト
リフレクター:ホワイト
フレーム:ホワイト
シェード内部:ホワイト

Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 5 モノクローム・ホワイト
 
 
モノクローム・ブラックはコードも真っ黒!空間をキリッと引き締めてくれます。
 
 
シェード:ブラック
リフレクター:ブラック
フレーム:ブラック
シェード内部:ホワイト
 
 
濃く、あざやかな青が印象に残るモノクローム・ブルー。目線を奪われます。
 
 
シェード:ブルー
リフレクター:ブルー
フレーム:ブルー
シェード内部:ホワイト

 

 

 

CONNECT別注 PH 5『ダークグレー/ライトグレー』

シェード:ダークグレー
リフレクター:ライトグレー
フレーム:ブロンズ色塗装
シェード内部:ホワイト
 
Louis Poulsen(ルイスポールセン)/ PH 5 ダークグレー / ライトグレー

 

 

 

■PH 5でつくる、心地よいダイニング空間の3つのルール

1.合わせるテーブルは幅150cmサイズが目安


ダイニングテーブルとペンダントライトを組み合わせる際、『ライトの直径はテーブル幅の1/3サイズ』が目安です。直径50cmのPH 5は、その3倍の幅150cmのテーブルだとベストバランスということになります。

▲幅160cmでも端まで明るく照らします。(テーブル:PP Mobler(PPモブラー) / Cross Legged Table(クロスレッグドテーブル

とは言え、上記はあくまでも目安です。PH 5のサイズ感と光の広がり方でしたら幅180cmくらいまでは大丈夫。180cmのテーブルは、ダイニング空間を広く取り、大きなテーブルでのびのびとくつろぎたい、という方に選ばれやすいサイズです。両端10cmほどは少し暗くなりますが、中央4人分のスペースは明るく照らしてくれますので、少人数で使う場合は問題ありません。もっと大きいテーブルを大人数で使う場合は相応のライトをお選びください。ライト選びに迷ってしまったときにはお気軽にご相談くださいね。

▲テーブルサイズ:幅185×奥行105cm。FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン) ANALOG(アナログ) JH63 

180cmサイズのテーブルだと、両端は中央よりも少し暗くなります。

 

 

2.テーブルからPH 5までの高さは「60cm」


ダイニングテーブルの上に吊るす場合、テーブル面からPH 5の下端までの高さは60cmがおすすめです。あまりに高い位置に吊ると手元が暗くなり、ふと見上げれば光源が目に入ってきてまぶしいという現象が起きてしまいます。

※メーカー推奨は60~70cmですが、PH 5の場合、CONNECTでは60cmをおすすめしております。

PH 5は器具の真下をフロストガラスで閉じているため、電球の光が直接目に入ることはないですが、それでも目に優しいとは言えません。

CONNECT BLOG:<低く吊る理由とは?オシャレなだけではない北欧ペンダントライト>

 

 

3.空間全体をもう少し明るくしたい場合は壁面にライトをプラス


PH 5のシェードは光を透さないので器具の上下で明暗差が生まれます。この差が落ち着いた雰囲気をつくってくれるのですが、シーリングライトに慣れている方がPH 5に替える際、空間全体の明るさに不安がありますよね。そんなときには壁面を照らすライトを加えてあげましょう。例えば、ダイニングに座ったときに見える壁を、テーブルライトやウォールライトで照らしてみてください。目線の先の壁を明るくすることにより、お部屋全体の明るさ向上につながります。

 

 

 

よくあるコードカットのご質問

コードカットについてよくいただくご質問が「机の上から60~70cmが推奨の高さということはわかるけど、購入時に何cmで指定すればいいかわからない・・・。どうやって計算すればいいの?」というものです。

図のとおり、

全長=ご自宅の天井高 -(合わせるテーブル高+60~70㎝+ボディー高(だいたいどのボディー高も2~3㎝くらい)

この式で全長が計算できます。ペンダントライトと加工費のご購入時に「全長〇〇cm」とお伝えください(※ご注文手続きページ下部の通信欄に記載ください)。 コード加工は1cm(10mm)単位で承ります。

※「全長」とは、上の図の通り、プラグの厚み、コードの長さ、器具の高さの全てを含めた寸法のことです。

 

また、ご自宅の天井についている電源の形状も必ずご確認ください。以下5種類のどれかに該当する場合は「引掛けシーリングプラグ付き」の加工をお選びください。

 

天井にダクトレールが付いている場合は「ダクトプラグ付き」の加工をお選びください。

モデル:▲山田照明 / 取付簡易型ライティングダクトレール / TG-367

 

コード加工に関する疑問はお気軽にご相談ください。

 

 

 

まとめ

 

PH 5徹底比較はいかがでしたか?ダイニングの照明にPH 5をご検討している方の参考になれば幸いです。CONNECTのYouTubeチャンネルでは、動画でもPH 5の比較をしていますので、ご興味のある方はそちらもぜひチェックしてみてください。

PH 5商品ページ一覧▼
ご新築、リフォーム計画中の方必見!

インテリアの見え方が激変する、フラットシーリングカバーをご存知ですか?これがあれば照明をよりスッキリと、美しく見せることができます。ただし、天井と電気の工事が始める前には決めておかないといけないのでお早目の計画が必要となります。詳細はこちらをご覧ください。
 
 
テーブルと電源の位置がズレている方必見!
 
電源が一か所しかない場合でも、ダクトレールを設置すればテーブルと電源の位置のズレをこれで解消できます。また、ペンダントライトを多灯吊りしたい場合にもおすすめです。詳細はこちらをご覧ください。
 
 
ルイスポールセンの当店即納アイテム・入荷予定はこちらから
 
PHガラスペンダントのサイズ選び迷ったら
 
【お問合せ】

ご質問がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。お客様からのお声には、商品ページ、インスタグラム、ブログを充実させるヒントがたくさんございます!
※WEB SHOP掲載の商品に関しましては、各商品ページの「商品についてのお問い合わせ」より、お問い合わせいただくとスムーズにご案内できます。

LINEでもご質問受け付けます

公式インスタアカウント:プレゼント企画など、色々行ってます!フォロー宜しくお願いします♪

instagramアカウント→connect_jp

お電話でのお問い合わせ

1年間無料保管サービス実施中!


この記事を書いた人

アバター

CONNECT

こんにちは。ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

お電話でのお問い合わせ

メルマガ登録はこちら

1年間無料保管サービス実施中!