人気のHAY・CPH20のラウンドテーブル120㎝+Yチェアの組み合わせ

HAYのCPH20ラウンドテーブル+Yチェア

​こんにちは。最近、非常にラウンドテーブルが人気です。見た目が可愛く、コンパクトでマンションや2人暮らしでも使いやすいサイズが人気の理由のようです。その中でも特に多いご質問が、ラウンドテーブル+Yチェアの組み合わせです。今回は、HAY(ヘイ)のCPH20ラウンドテーブル(直径120㎝)にCARL HANSEN & SON(カール・ハンセン&サン)のYチェアを合わせてみたらどうなるか?  写真を交えて紹介していきます。

 

CPH20ラウンドテーブル+Yチェア4脚

​HAY(ヘイ) / Copenhague(コペンハーグ) / Round Table(ラウンドテーブル) CPH20 / オーク材・クリアラッカー仕上げ / Φ120
CARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン) CH24 / Yチェア (ワイチェア) ビーチ材・ソープフィニッシュ SH45cm
 

特徴的な三本脚

CPHラウンドテーブルはご存じのとおり、三本脚。それがデザインとして可愛らしく、モダンな印象を与えます。ですが、Yチェアを4脚合わせると、4人中1人はテーブル脚をはさんで座ることになります。​
この点さえ考慮しておけば、Yチェアを4脚置いても、ダイニングテーブルとしては利用できます。

特徴的なアームについて

CPH20ラウンドテーブルの高さは74cm です。Yチェアはアームの位置が高く、76㎝です。そのため、Yチェアのアームはテーブルの天板下に全ては収まりません。天板下にYチェアのアームを入れるとテーブルからYチェアの一番遠い背面までは約22㎝。ぐっと入れこむと約17㎝でした。
 
Yチェアの背後に通路を確保したい場合は、十分なスペースがあるのか確認する必要があります。
 
 
 
 
 
​写真のようにアームがテーブルから離れた状態だと、テーブルからYチェアの背面までは約37㎝です。
 
 
 

ダイニングに必要なスペース

​椅子を含んだ直径はテーブルの直径120㎝+上記のYチェア背面スペース22㎝×2で、約164㎝です。実際におうちにこのスペースが取れるかどうか、新聞紙や段ボールなどで型紙を作って配置してみるとイメージしやすくなります。
 

 

必要な通路幅

 
忘れてはいけないのが通路幅の確保です。人が一人通るのに必要な通路幅は、約60㎝。ダイニングにCPH20ラウンドテーブルとYチェアを置いて、通路幅が確保できるかどうか、ご購入前にご確認ください。通路幅を確保できないと、通路幅が家事をするうえで必要な導線だった場合、チェアが邪魔になってしまうことがあります。
詳しくはこちら→必見!Yチェア購入の前に知っておくべき【4つの大事なこと】
​​
 
 

CPH20ラウンドテーブル+Yチェア3脚

ちなみにYチェア3脚では、テーブル脚を挟む必要がなくなります。4脚と比べて見た目もゆとりがある印象です。
​​
 
真上からみるとこんな感じです。
​​

CPH20ラウンドテーブル+セブンチェア4脚

FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)/ SERIES 7(セブンチェア) / ホワイト / ラッカー
FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)/ SERIES 7(セブンチェア) / オリーブグリーン / ラッカー
 
 
Yチェアは大きいし、幅もあるので、うちには難しいかも・・・というお客様には、セブンチェアがおすすめです。セブンチェアは脚が細く、背面もくびれていて、アームがないため天板下に収められます。ただし、やはり4脚並べるとテーブル脚はまたぐ人が1人は必要です。
 
 
 
​​​
​セブンチェアを3脚並べた様子がこちら。空間全体の余白が増えて、すっきりとした印象を受けます。ラウンドテーブルがオーク・クリアラッカーですので、セブンチェアの色をカラフルにしてもいいかもしれません。

まとめ

直径120㎝のCPH20ラウンドテーブルにYチェアを4脚合わせた時の注意点
  • アームの一部しかテーブル下に収まらない
  • 4人で座ると誰か一人はテーブル脚を挟むことになる
  • 通路幅は最低60㎝確保する
​以上のことをふまえて、是非ご検討いただけたらと思います。
 
 
 

 

この記事を書いた人

CONNECT

こんにちは。ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら