10/1スタート「Fritz Hansen Cafe @ MARUTASU」~#2 北欧デザインを牽引してきた「フリッツ・ハンセン」について~

2021年10月1日から、
丸亀市市民交流活動センター マルタスでスタートする

〜Fritz Hansen Cafe〜
北欧インテリアと古民家再生
「フリッツ・ハンセン庵」

のイベント開催にあたり改めて、北欧デザインを牽引し、CONNECTでもメインブランドとしている「FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

FRITZ HANSENってどんなブランド?

フリッツ・ハンセンの創業は1872年と今から約150年も前で、デンマークを代表する数少ない老舗の家具ブランドの一つです。北欧インテリアというとノスタルジックな風合いのものを想像されることが多いと思いますが、フリッツ・ハンセンは北欧モダンのパイオニア的なブランドです。北欧家具の代名詞であるセブンチェアやエッグチェアを製作しているのが実はフリッツ・ハンセンです。北欧を代表する数少ない老舗家具ブランドのため、日本でも昔から愛されています。

 

創業当時から、革新的なものづくりに挑戦しており、木を曲げる曲木の加工技術から始まり、三次元の曲面を実現する成形合板、金属加工、新素材の樹脂を取り入れた成形技術、テキスタイルやレザーの縫製技術、常に家具を製造する為の技術力を高め、創業当時から変わらない使命の「たった一つの家具が部屋や建物全体を美しくすることができ、その空間で過ごす人々の幸せを高める」という信念に基づいた物づくりをしています。

 

Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)/ CHINA CHAIR チャイナチェア

例えばこちらの“チャイナチェア”は、ハンス・J・ウェグナーにより1944 年にデザインされ、今でも名高い存在のチェアです。彼は、歴史的な中国の椅子から時代に左右されることのない美しさにインスピレーションを受けました。古代中国のデザインを現代風にデザインしたこのチェアは、ウェグナーの木工職人としての才能と表現力の豊かさ、彫刻的で機能的な作品です。「家具は、どの角度から見ても美しくなければいけない」というウェグナーの考えはフリッツ・ハンセンの創業当時からの信念にも基づいています。

 

一度は目にしたこともあるセブンチェアやエッグチェアは1950年代に作られた家具で、70年経った今でも時代を超えて愛され続けています。 セブンチェアやエッグチェアをデザインしたアルネ・ヤコブセンをはじめ現代で活躍している一流デザイナーたちにより、人に寄り添うインテリアアイテムを生み出し続けています。

 

フリッツ・ハンセンは近年、家具だけでなく照明やクッション、フラワーベースといった暮らしにかかわるアイテムも手掛けることで、空間全体での心地よさを追求しています。

 

 

リビングダイニングにおすすめのアイテム

フリッツ・ハンセンの中でも、CONNECTのおすすめアイテムによるリビングやダイニングのコーディネートをご紹介します。

 

~ダイニング~

ペンダントライト:サスペンスP2ホワイト
フラワーベース:VASE IKEBANA イケバナベース S
 
フリッツ・ハンセンを代表するセブンチェアは、近年カラーバリエーションも更新され、時代とともに進化しています。
同じスチール脚を使用したテーブルシリーズ(Aテーブル、Bテーブル)は1960年代にデザインされ、セブンチェアと同じくロングセラーを誇ります。スチール脚同士の組み合わせは、フリッツ・ハンセン独特のタイムレスで軽やかな組み合わせです。
 
 
 
こちらのANALOG(アナログテーブル)は、ハイメ・アジョンによって2014年にデザインされました。
ハイメ・アジョンは、フリッツ・ハンセンでも人気を誇るIKEBANAベース(フラワーベース)などもデザインした、現代世界のトップブランドで活躍するデザイナーです。
アナログテーブルは、ホワイトラミネートの天板と無垢材の脚といった、異素材の組み合わせ。丸でもなく四角でもない有機的なフォルムなど、細部まで愛情を込めてデザインされています。タイムレスなセブンチェアと組み合わせることでお互いの美しさを引き立てあう、デザイン性の高さを感じさせます。
 
 
 
 

~リビング~

ペンダントライト:カラヴァッジオオパールP1P2
 
これらのソファ、イージーチェア、リビングテーブルはすべて2000年以降にデザインされたフリッツ・ハンセンの中でも新しいアイテムです。このアルファベットソファは、ピエロ・リッソーニによってデザインされました。ピエロ・リッソーニは、世界中のトップブランドで数多くの実績を残しています。無限のコンビネーションを持つLEGOブロックからインスピレーションされた、様々な組み合わせやファブリックが選べるモジュール式ソファです。
Friチェアは、ANALOGテーブルと同じくハイメ・アジョンによって2015年にデザインされました。フリッツ・ハンセンには、アルネ・ヤコブセンデザインのEGGチェアやSWANチェアをはじめ、現代活躍している人気デザイナーによるイージーチェアが豊富です。
このように北欧では、リビングにイージーチェアを取り入れるスタイルが一般的ですが、日本では、イージーチェアにまだ馴染みがなく、使い方に悩まれてる方もいるかと思います。CONNECTでは、昔からおうち時間を大切にしている北欧のリビングスタイルをお手本にすることを提案します。
 
フリッツ・ハンセンの方に出演していただき、リビングアイテムの選び方や、より快適に過ごすためのリビングの新しい活用方法を動画でご紹介しています。
是非ご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 

FRITZ HANSEN×CONNECT

CONNECTでは「シンプルで心地よい暮らし」を提案しています。
フリッツ・ハンセンは、スカンジナビアモダンを代表するブランドです。
「愛着を持てる、よいモノを販売し、インテリアを軸に心地よい暮らしをトータルでサポートしたい」ということをCONNECTは理想としています。​​スカンジナビアモダンを代表するフリッツ・ハンセンは、製品的なクオリティの高さと、タイムレスで色あせないデザイン性を兼ね備えており、家具だけでなく、照明や小物まで、その信念に基づいてデザインされています。それらのアイテムで空間全体を構成することで、シンプルで軽やかな印象になります。
このように、デザイン性とクオリティの高さのバランスが取れた世界的にもまれなブランドです。
CONNECTの心地よい暮らしをトータルでサポートしたいという理想を実現できるのはフリッツ・ハンセンです。だからこそ、これからもCONNECTではフリッツ・ハンセンが多くの方に愛されるブランドであるべきだと考えます。
 
 
 
 

お得なキャンペーンのお知らせ

2021年10月1日から丸亀市市民交流活動センター マルタスでスタートする
​Fritz Hansen Cafe (フリッツ・ハンセン カフェ)〜北欧インテリアと古民家再生「フリッツ・ハンセン庵」〜
 
のイベント開催を記念し、お得なキャンペーンを開催いたします。
詳しくは、10月1日(金)公開の#3 をご覧ください。お楽しみに!
 
 
 

index【10月1日スタート「Fritz Hansen Cafe」】

#1  〜北欧インテリアと古民家再生「フリッツ・ハンセン庵」の取組について〜

#2 ~北欧デザインを牽引してきた「フリッツ・ハンセン」について~ ←今ここ

#3 ~開催記念キャンペーンについて~(10月1日公開)

 

 

 
 

この記事を書いた人

CONNECT

こんにちは。ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら