「心地いい暮らしのつくり方~リビング編~」FRITZ HANSEN×CONNECT対談

おうち時間が増え、生活の中心となるリビング空間をより快適に寛げる場所として充実させたいという相談を受けるようになりました。また、家族で過ごす時間や自分の時間、それぞれを大切に丁寧に暮らしたいという思いも強くなったと思います。

 

今回の動画では、ゲストをお迎えし、リビングアイテムの選び方や置き方など、既存の概念にとらわれない心地いいリビングの作り方のヒントをお伝えしたいと思います。お話を伺うのは、北欧家具の代名詞、FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)の鈴木さん、前野さんです。

 

FRITZ HANSENは1872年にデンマークで創業したインテリアブランドです。来年には150周年を迎える、長い歴史を持ちます。世界的に活躍している建築家やデザイナーとコラボレーションし、セブンチェア、スワンチェア、エッグチェアなど名作と言われるアイテムを多く生み出しています。

 

FRITZ HANSENのものづくりへのこだわり、そして実際のマンションを例として、リビングアイテムの選び方と置き方についてじっくり話を伺いました。デンマークに住むFRITZ HANSENスタッフの方のご自宅の写真も見せていただきながら、デンマークの人たちのリビングの作り方もご紹介していきます。

 

リビングの作り方はひとつではなく、いろいろ楽しむことができます。この対談動画がリビングを見直すきっかけになり、心地いい空間づくりのヒントに少しでもなれば嬉しいです。ぜひご覧ください!

 

 
 


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら