【特別価格】美しい佇まい。憧れの「スワンチェア」がある暮らし

春らしくあたたかい日が続き、おうちで過ごす時間もポカポカ、ウトウトしてしまうスタッフ本宮です。
我が家で一番お気に入りの場所、窓辺に置いてくつろぎたいのが一人掛けのラウンジチェア。ラウンジチェアのなかでも、わたしの憧れの存在である「スワンチェア」が特別価格で購入いただけるキャンペーンがスタートしました。

 

 

「スワンチェア」ファブリック キャンペーン

期間中、ファブリックタイプのスワンチェアが特別価格でご購入いただけます。

期間:2021年12月31日(月)まで

対象のスワンチェア一覧はこちら

例えば…

SWAN(スワンチェア) / Christianshavn 1131(クリスチャンハウン)オレンジレッド
通常価格493,900円 ⇒ 特別価格346,500円(税込)

 

 

白鳥のように美しい佇まいの「スワンチェア」

スワンチェアは、デンマークのSASロイヤルホテルのために、エッグチェア・ドロップチェアとともに、ロビーやラウンジ向けのチェアとして、アルネ・ヤコブセンによってデザインされ、1958年エッグチェアとともに発表されました。

白鳥の羽を思わせる左右の立体的なアーム、全体を支える中央と先端がフラットなスターベースの脚、「スワン」の名前はまさに羽を広げようかとする白鳥をイメージして名付けられています。直線を持たず、曲線のみのシェルの形は圧迫感がなく優しいデザインです。

 

 

外の世界を感じながらくつろぐラウンジチェア

ハイバックのエッグチェアに比べて、背もたれが低く、コンパクトなスワンチェア。

 

エッグチェアは体を包み込むようなフォルムで、外の世界を遮断し、自分だけの空間を作ってくれるのに対して、スワンチェアはくつろぎながらも、外の光やぬくもり、周りの人との会話などを楽しむことができる、外の世界を感じながらくつろぐラウンジチェアだなと思います。

 

 

窓辺に1脚「スワンチェア」

特徴的で美しい佇まいのスワンチェア。1脚置けば、そこは特別な空間に。窓辺やお気に入りの場所に置いて、とっておきのくつろぎ時間を味わうことができます。

 

 

ソファの横に「スワンチェア」

コンパクトな形で存在感を出しすぎず、その空間に馴染むスワンチェア。ソファや他のリビングアイテムとも合わせやすく、リビングなどみんなで集まる場所にプラス。体を囲みすぎないデザインで、周りの人たちとのおしゃべりも弾みます。

 

 

まとめ

いかがでしたか? スワンチェアを一度は目にしたことがあるけれど、なかなか手が出せない“高嶺の花”と思われていた方も多いのではないでしょうか。わたしもずっと憧れの存在でした。そんなスワンチェアが特別価格になるキャンペーン、この機会に招き入れてみてはいかがでしょうか。

長年使ってファブリックが傷んでくることがあっても、生地を張り替えてまたずっとお使い頂くこともできます。憧れのスワンチェアがある暮らしをずっと長く楽しんでいただけると嬉しいです。

 

■CONNECT [WEB SHOP]
​TEL:0877-86-1244
営業時間:月~金 10:00~17:00
休日:土日祝
WEB SHOP掲載の商品に関しましては、各商品ページの「商品についてのお問い合わせ」より、お問い合わせいただくとスムーズにご案内できます。

 

紹介した商品のご購入はコチラ

 

 

 

 


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちら